東京フランス語学研究会について

 東京フランス語学研究会は、大学院生など、若手を中心としたフランス語学研究者の気楽な研究発表、議論、交流の場です。 研究会の予定については、今年度の研究会の項目をごらんください。

 

 日本フランス語学会と直接の関係はありませんが、多くのかたがたに参会していただきやすいよう、フランス語学会の例会が東京でひらかれる日で、可能な場合は、同じ会場で時間をずらして開催することがあります。


  会員資格、発表資格、会費などの制度は設けませんので、関心のあるかたはどなたでも自由に参会、発表していただけます。発表は、フランス語(学)に関係することであれば、どのようなテーマでもかまいません。また、完成された内容である必要もありません。学会発表の前段階にあたるような習作的な発表や、先行研究にたいする論評といった形の発表も歓迎します。時間の内わけは、発表60分+質疑応答・コメント30分です。

 

 発表をご希望のかたは、「お問い合わせ」の項目から世話人あてにご連絡ください。先着順で発表わくに入れます。最新の状況は今年度の研究会の項目でご確認ください。

  

    世話人:  渡邊淳也 (東京大学)
    塩田明子 (慶應義塾大学非常勤)
    金子 真 (青山学院大学)